株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

検索

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

  • 検索

社会・環境課題の解決を目指す自社企画商品・サービス

環境配慮型オリジナル商品

  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

情熱価格のサステナブル商品

お客さまと一緒に作る「ピープルブランド」をコンセプトに商品開発をしている「情熱価格」では、環境に配慮した商品企画にも力を入れています。
リサイクル素材の使用など資源を有効活用し、地球にやさしい商品を求めるお客さまのニーズに応えています。

【ペットボトルの再利用素材を使用した「履くSDGs」
情熱価格SUSTAINABLE SNEAKERS】

情熱価格で人気のキャンバスシューズには、ペットボトルを再利用した商品があります。1足につき約4~5本のペットボトルを使用しており、資源を有効活用する循環型社会を実現すると同時に、近年社会問題となっている海洋ごみの削減に貢献している商品です。
外箱も環境配慮にこだわり、リサイクルパルプを使用しているほか、店頭の販売POPでも本製品がSDGsの課題解決に貢献する商品であることをわかりやすく伝えており、エシカル志向や環境問題に関心のある世代のお客さまを中心に人気の商品です。

店頭POPはSDGsに貢献できる商品であることわかりやすく訴求
お買い物を通じて店舗とお客さまが一体となり環境課題に取り組める商品です

【製造工場で余って捨てられる残糸を利用したファブリック用品 トイレマット2点セット/大判バスタオル】

繊維メーカーの製造工場では、不足なく商品を生産するために余裕のある糸をストックするため、どうしても年間で約10トンほどの残糸が発生しています。
それらを廃棄せず有効活用したエコな商品を作りたいという商品企画担当者とメーカーさまとの協働アイデアで誕生した商品です。
残糸は繊維を加工する製造工程が済んでいるため、従来品より製造コストを抑えることができ、情熱価格ブランドとしてリーズナブルな価格で提供しています。この2アイテムの製造で廃棄対象のおよそ7割の残糸を活用しており、廃棄物の削減にも寄与しています。
地球にも家計にも優しく、デザイン性の高いサステナブル商品として人気を集めています。

暮らしの中に取り入れるエコ商品
eco!on(エコオン)

PPIHグループのユニーが手掛けるPB商品の中には、『お客さまと一緒に育てていく環境配慮型オリジナル商品「eco!on(エコオン)」』があります。商品開発のコンセプトに「3R(リデュース・リユース・リサイクル)」の観点を持ち、脱炭素社会を目指した省エネルギーやバイオマス資源の利用に取り組んだ商品企画を行い、地球を汚さないことも視野に入れて開発しています。
PPIHグループは、これらの商品を選んでくださるお客さまとともに、エシカル商品の販売を推進し、環境に配慮したお買い物を提供しています。

eco!on

年間売上高:21億3,598万円  
年間販売点数:904万点
※2021年6月期

【ふんわりエコロールシリーズ】

地球にやさしい再生紙100%使用のトイレットペーパーです。
葉っぱの模様のリーフエンボス加工を施すことにより、エコロール独自のふんわり感を実現。
■ふんわりエコロール(レギュラー)
原料の一部に店頭で回収した牛乳パック類を使用しております。
牛乳パックをコーティングしているポリは工場内の熱エネルギーに再利用しています。
■ふんわりエコロール 2倍巻
お客さまの節約志向と環境意識の高まりにお応えし、2022年4月から2倍巻タイプを販売

【オーガニックコットンシリーズ】

手摘みで丁寧に収穫されたインド産オーガニックコットンを、現地の工場で毛羽が少なく艶やかな糸に仕上げています。

【人と環境にやさしい薬用泡のハンドソープ】

飲食店・小売店の厨房で使用済みとなった揚げ油を回収、精製して作ったハンドソープです。植物性油なので手肌にはもちろん、川や海にもやさしい商品です。

オフプライスの展開

  • 12 つくる責任つかう責任
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

近年、もの余りの時代と言われ、ブランドの余剰在庫は増える一方であり、その処分は焼却や輸出などに頼ることがほとんどで、社会的にも大きな問題となっています。
一方、海外では、そんな在庫を買い取り、大幅に値下げをして再販をする「オフプライスストア」が人気を集めており、いままで無駄にするしかなかった余剰在庫を取り巻く環境が変化しています。
PPIHグループは、当社のディスカウント業態である「宝探し」のお買い物スタイルが、オフプライスストア消費と親和性が高いことに着目し、国内外から直接買い付けた商品を高い値引き率で市場価格より安く提供します。
お客さまに宝探し感覚で「ワクワクドキドキ」しながらお気に入りの商品を見つけていただくとともに、最後の一品まで売りつくす商品販売に努めてまいります。

オフプライスコーナーは郊外の大型店を中心に期間限定で展開。
一点ものや驚安価格商品が多数あり、宝探し感覚でお買い物を楽しめる。

持続可能な商品調達と販売

  • 12 つくる責任つかう責任
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

里海(さとうみ)プロジェクト

PPIHではお客さまに安全・安心な商品の提供をするとともに、環境に配慮したエシカル商品の企画にも力を入れています。

PPIHは岡山県日生産の養殖牡蠣を「持続可能な1年牡蠣」として生産支援をすることを目的に、日生漁協さま、東海澱粉グループさまが進める「里海プロジェクト」への支援を行っています。
日生漁場の養殖牡蠣は、過密養殖にならないよう漁場内の筏台数や筏の間隔を徹底管理をしているほか、海を浄化し小魚の隠れ家となるアマ藻場を再生するなど、牡蠣の生産に最適な環境を整備しています。
また、養殖期間終了後は全ての筏を撤去して海底清掃を行うことで海をリセットし、あらたな1年牡蠣を生産するサイクルを構築しています。

本製品はPPIHグループの食品を扱うMEGA店舗及びドン・キホーテ一部店舗で販売し、1パック販売毎に1円が日生漁場の海底清掃費用として寄付されます。
こうした企画商品を通じて、お客さまに安全・安心な商品の提供と、パートナーシップによりSDGsの海の豊かさを守ることに貢献し、持続可能な商品提供を実現してまいります。

■里海プロジェクトの概要

■日生の一年牡蠣

養殖魚の提供

PPIHグループではアジア諸国で展開するDON DON DONKIにおいて、新鮮で質の良い海産物が人気です。中でも売り上げのトップを誇るクロマグロ、サーモン、真鯛、ぶり、かんぱちなどの海産物は養殖場から仕入れています。
養殖魚を扱うことで天然資源の乱獲を防ぐとともに、自然災害等に左右されることなく安定した商品の提供とリーズナブルな価格での販売を実現しています。
これらの商品はDON DON DONKIだけでなく、国内の鮮魚を扱う店舗においても取り扱いを広げており、PPIHグループとしてエシカル商品の消費を推進しています。

■養殖品種

クロマグロ・サーモン・真鯛・ぶり・かんぱちなど

■販売店舗

DON DON DONKI(ドンドンドンキ)、MEGAドン・キホーテ、MEGAドン・キホーテUNY、長崎屋など(店舗により取り扱いが異なる場合があります)
  • ドン・キホーテ バナー
  • ユニー バナー