株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

検索

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

  • 検索

CO₂排出量削減

■PPIHグループ 脱炭素目標

2030年までに
 店舗から排出するCO₂排出量を50%削減(2013年度比)
2050年までに
 店舗から排出するCO₂排出量を総量でゼロにする
対象:国内、拠点含む

【目標実現に向けた主な取り組み】

 ①省エネ機器導入及びエコチューニングによる店舗運営の省エネ化
 ②太陽光パネル等店舗施設を活用した再生可能エネルギーの創出
 ③非化石証書取引を活用した再生可能エネルギーへの置き換え

省エネ機器の導入

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任

PPIHグループは、店舗運営における環境負荷を軽減するため、店舗の空調設備や冷蔵・冷凍ケースを効率よく運転する「省エネ機器」を導入し、CO₂排出量の削減に努めています。
また、ユニーは本社及び全店で環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証を取得し、ISOの環境目標の一つとして各店舗における電気・ガス・重油の削減目標を設定し、省エネの取り組みを推進しています。

省エネ機器

■省エネ機器 導入店舗数
対象:ドン・キホーテ、ユニー、長崎屋、UDリテール(2022年2月現在)

空調設備:318店舗
冷蔵・冷凍ケース:17店舗

再生可能エネルギーの活用

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を

PPIHグループは、事業活動を通じて排出されるCO₂排出量を削減するため、一部店舗において太陽光発電を導入し、環境負荷の少ない事業活動を推進していきます。

■導入店舗数(2022年2月現在)

ドン・キホーテ4店舗、ユニー10店舗、UDリテール2店舗

■太陽光発電量

341,037kwh(2020年4月~2021年3月)
店舗の屋根を有効活用した太陽光パネル
  • ドン・キホーテ バナー
  • ユニー バナー