株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

  • 検索

ダイバーシティ・マネジメント委員会

委員会設置の目的

当社は、企業理念集「源流」において『多様性を認める企業』であることを謳っています。 ダイバーシティ・マネジメント委員会(以下、DM委員会)の設置は、こうした企業文化を確立することを目的に、幹部を含む様々な職域において、今後女性が活躍できる環境作りを強く推進していくとともに、LGBTQ の支援、シニア・外国人の活躍推進、障がい者雇用の促進など幅広くダイバーシティ推進に積極的に取り組み、世界に拡がるグローバル企業として一層の企業価値向上に努めてまいります。

ダイバーシティ推進担当役員メッセージ

二宮 仁美 二宮 仁美
ダイバーシティ・マネジメント委員会委員長 兼 デザイン統括責任者
執行役員

PPIHグループの店舗には年間6億人(※2020年6月期)を超えるお客さまにご利用いただいています。多種多様な価値観を持つお客さまにご満足いただき、選ばれる店舗であり続けるには、当社の従業員も当然それに応じた親和性を持ち合わせていなければならず、従業員における多様性の確保・多様性の容認は不可欠な課題となっています。

私自身は「デザイン」という専門分野での能力を活かし、PPIHのコンセプトの一つである『アミューズメント性』を担う店舗デザインを中心に、PPIHのクリエイティブ分野で業務を行い、幅広い世代や様々なライフスタイルのお客さまの親和性を追求してまいりました。その他にもPPIHは、POPやキャラクター、BGMなど、クリエイティブな手法を用いて多様なお客さまや従業員にワクワク・ドキドキする空間や安心感を提供しています。人に寄り添い、人の抱える問題を解決することができるクリエイティブの力は、ダイバーシティ推進においても役立つものと考えています。

私はいち女性として、そしてクリエイティブ出身の人間としての経験を活かしながら、当社らしく創造的な方法で推進してまいります。

■ダイバーシティ・マネジメント委員会ロゴマーク

ダイバーシティ・マネジメント委員会ロゴマーク
従業員一人ひとりがダイヤの原石であり、すべての従業員がその人らしく輝ける会社にしていくという思いを込めて、カラフルに輝くダイヤモンドをコンセプトとしてデザインしたロゴマークです。 PPIHのダイバーシティ推進を象徴するアイコンを作ることで、社内にビジョンの共有と認知拡大を行い、すべての社員が関心を持ち主体的に推進する意識を持つことを目指しています。

推進体制

■ダイバーシティの推進

企業活動に関わるすべての人々の多様な価値観・個性・プライバシーを尊重し、認め合う職場づくりに努めます。

ダイバーシティ・マネジメント委員会推進体制

DM委員会は、すべてのステークホルダーの基本的人権と多様性を尊重し、高い倫理観と良識を持った企業として、グループ内外にわたり社会の発展に寄与することを目的としています。
CEO直轄に位置するDM委員会は、複数の関連部署が横断型に連携する形で構成されます。ステークホルダーとの積極的な対話によりニーズを捉え、いち早く対応することで課題解決を目指します。

ダイバーシティ推進におけるこれまでのあゆみ

2009年 イドバタ委員会設立
・女性相談窓口の設置
・ライフイベント時の制度をまとめて発信
2015年 cocoroプロジェクト発足
・産休・育休取得率の向上を目的に発足
2016年 ・店舗エリアごとに女性相談窓口を設置
・産休・育休の制度をまとめたサポートキット作成
・事業所内保育所「ドンキッズ」開園 ドンキッズ
2017年 LGBTQプロジェクト発足
・レインボープライド参加開始
 プライド指標 シルバー受賞
・LGBTQ研修開始 レインボープライド参加
ダイバーシティ推進室設立(LGBTQプロジェクト統合)
・人権啓発の取り組み 人権啓発の取り組み
2018年 ・ライフパートナー制度スタート
・プライド指標 ゴールド受賞
2019年 ・プライド指標 ゴールド受賞
2020年 源流推進本部内にダイバーシティ推進課を設置
・プライド指標 ゴールド受賞
ダイバーシティ・マネジメント委員会発足
・初の女性執行役員誕生
・女性活躍推進の目標設定 ダイバーシティ・マネジメント委員会ロゴ

ダイバーシティ・マネジメント委員会の活動

女性活躍推進

■定量目標

①女性管理職比率の向上
2023年3月までに 30%
②平均勤続年数を男女間で同程度にする(対象法人:PPIH、ドン・キホーテ)
2020年6月期末男女間の差
-1.7年
2025年6月期末男女間の差
±0年

■取り組み

事業所内保育所「ドンキッズ」の開設
・社内啓蒙活動
  女性キャリアセミナー
  女性を部下に持つ男性管理職者向けのセミナー
女性活躍推進を目的としたセミナー開催

女性活躍推進のために、女性従業員のスキルアップや男性従業員への理解促進を目的として、PPIHグループとして初の社内セミナーを開催しました。

【これまでの開催テーマ】

①「仕事でのコミュニケーション~感情語ではなく論理語で~」
②「部下の成長を促すコミュニケーション」女性部下を持つ男性社員
③私のキャリア紹介~やりたい×できる×求められる~
全国の拠点・店舗で働く正社員からメイトまで、全従業員を対象に参加希望制で開催。テーマに沿った講話と質疑応答によるディスカッションを行うことで悩みや相談が飛び交い、各自が納得のいく回答やヒントを得てモチベーションの維持・向上につながっています。
悩みや経験の共有をしながら意見交換ができる場として、参加を希望する従業員も多く、定期的に開催しています。部下のマネジメントに関するセミナーに参加した管理職クラスの従業員は、女性部下に対する接し方やコミュニケーション方法など、現場において即実践できる内容を学び、日々のコミュニケーションに活かしています。
④女性の目線で見直すマネジメントセミナー
複数の店舗を担当する支社長を対象に、女性の社内的地位を引き上げていく際に、どのようにアプローチすれば女性が納得し、安心して力を発揮することができるのか、女性の視点から考えるセミナーを開催しました。
PPIHグループが目指す目標の浸透と、実現に向けた課題を吸い上げながら、リアルな課題解決に向けアイディアを出しました。今後は、セミナーで話し合った解決に向けた取り組みをトライアルで実施していきます。
女性視点のマネジメントセミナー

LGBTQ推進

■PPIHグループが目指すゴール

心理的安全性が高い職場づくりの実現により、当事者が自信をもって業務にあたり、
個人の能力を最大限に発揮できる職場を作る

■取り組み、活動紹介

・イベントへの参加、関連グッズ販売
ドン・キホーテ札幌狸小路本店は、2020年9月12日に開催された「さっぽろレインボープライド2020」に参加しました。2018年に初参加をして以来、3年連続で参加しています。
新型コロナウィルスの影響で例年実施されていた会場での物販は見送りとなりましたが、札幌狸小路本店ではパレードを華やかに彩るレインボーグッズを展開しました。

■外部評価

work with Pride Gold 2020
任意団体 「work with Pride」が策定した職場での性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE 指標 2020」において、最高評価の「ゴールド」を3年連続で受賞しました。