MEGAドン・キホーテ桐生店は、10月1日から10月7日までの1週間、地元の桐生商業高校の課題研究に協力しました。
学生の課題研究は「マスク販売およびマスクを外した時に置き忘れない・汚さない」をテーマとしており、マスク購入者に生徒たち手作りのマスクチェーンをプレゼントし、衛生的でファッショナブルなマスク生活を提案するものです。

同店は、生徒たちがつくる商品棚づくりの陳列方法やPOP製作などに全面協力し、課題研究の実現と商売の楽しさを体験していただく学びの場を提供しました。

今後も同店は地域密着型店舗として、地元の学校をはじめとする地域社会と良好なコミュニケーションを築いてまいります。

ブログ写真①.jpg

店舗スタッフに学び、学生たちが自らPOPを製作

MicrosoftTeams-image (1).jpg

商品棚の装飾づくりをサポート

ブログ写真③.jpg

生徒たちが作った商品棚