株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

  • 検索

GMS事業統括責任者
専務執行役員(取締役)

関口 憲司

関口 憲司
 当社GMS事業統括責任者 兼 専務執行役員(取締役)の関口 憲司は、沢山のお客さんがドンキで買い物している姿を見て、なぜこんなに楽しそうに買い物しているか不思議で仕方なく、その理由が知りたいがため1997年ドン・キホーテに入社しました。入社から8年間は西東京を中心に北海道、東北、上越、東海を担当・統括しました。その後、新業態の中食付きコンビニエンスストア『情熱空間』の総責任者として立ち上げと運営を行いました。店舗の売上は上々で人気もありましたが、利益が思ったほど出ず、2年という短い期間で撤退することとなりました。2013年4月に株式会社長崎屋代表取締役社長に就任。5年間で200回改装(1店舗あたり4~5回)を繰り返し、現在の当社グループの稼ぎ頭であるMEGA業態を作り上げました。また、同年9月にMARUKAI CORPORATION プレジデントに就任し、当社グループの米国本土展開の基盤づくりを担いました。さらに2019年1月UDリテール株式会社 代表取締役社長に就任し、ユニー店舗アピタ・ピアゴのMEGAドン・キホーテUNYへの業態転換を行い、さらに同年4月にユニー株式会社 代表取締役社長に就任。そして2020年7月、GMS事業全体を管掌するGMSカンパニーのプレジデントに就任。アピタ・ピアゴを次世代GMSにすべく日々邁進しています。  
 『源流』の愛唱句は、次世代リーダーの心得十二箇条の第四条『「明確な勝敗」「タイムリミット」「最小限のルール」「大幅な自由裁量権」』。経営理念第四条『変化対応と創造的破壊を是とし、安定志向と予定調和を排する』。  
1964年東京都生まれ。
戻る