株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

  • 検索

リスクマネジメント・人財開発管掌
執行役員

早川 馨爾

早川 馨爾
 当社執行役員の早川馨爾は、前職を辞めて次の仕事を探している時にたまたま当社の募集広告に出会いました。募集内容を見ると実力主義の文字が目に留まり、ワクワク感に駆られ1997年に株式会社ドン・キホーテ入社しました。入社後は現場の2MD(日用雑貨)担当で、2007年に西東京・大宮支社の支社長に就任後、大宮支社、埼玉支社などの支社長を歴任し、新業態へのチャレンジを多数おこないました。その後、本部の商品事業部に移り1MD(電気)、5MD(ブランド)、6MD(アパレル)を担当し幅広い商品知識を得ました。2015年には株式会社ジャストネオ取締役、株式会社ドンキホーテホールディングス・リテール・マネジメント取締役と共にトレンドセレクトMD開発本部の本部長に就任。その後、2018年に株式会社ドンキホーテホールディングスの執行役員となり、2019年には株式会社ジャパンインバウンドソリューションズの取締役にも就任しました。2020年7月からはリスクマネジメント本部と総務本部の管掌役員となりました。
 早川は、自分と関わった部下の成長を意識し、目の前の数字を達成するにはどうしたら良いかを常に部下に考えさせています。そんな早川のモットーは、「権限を振りかざさず、自ら考え、自ら動く組織づくり」です。
 人柄は360度評価で1、2位を争う高評価で人間味あふれるリーダーです。部下からは、「プロセスに口をださず、信じて任せてくれる」という声も多くあがります。
 『源流』の愛唱句は、次世代リーダーの心得十二箇条の第三条『権限委譲の本質は「狭くて深い」』。社員心得・行動規範十箇条の第二条『誰よりも店、商品、顧客へ熱き想いと情熱を注げ』。  
1972年新潟県生まれ。
戻る